時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

Boucheron宝詩とGoyard手を携えての贈り物芳登広場、楽しい時を過ごす。

1936年、宝詩竜(Boucheron)さん、ゴヤ(Goyard)さんとリッツ(Ritz)さんはフランスパリ協力を創設した「芳登広場、服飾とその週辺」協会(la place Vendô私、sesatours et sesalentours)、促成広場で隣り合わせ卓ほどブランドが協同連合、凝心聚力。協会の後は1971年に名前を、「芳登委員会」(Comit E Vendôme)、継承を目指すと続けて芳登広場特有の非凡なアイデア、魅力的な素質と体験をもたらしてくれるの「魂の利得」、さらに向上させるためにそれはフランスひいては世界の範囲の内での影響力は置疑。


2015年、Boucheron宝詩とGoyard筆頭としてフランスの美学の二つの経典のブランド、決定融合それぞれの専門技術と歴史の伝承、力を合わせて創作さ一家を機杼すの華やかな佳作、優雅な解釈で瀋殿で両者時間がふくよかなこと。
この創作特別に融合した2つのブランドロゴの元素をゴヤさん(Monsieur Goyard)は1892年創造のGoyardプリントコーティングキャンバスや、ルイ・宝詩竜さん(Louis Boucheron)は1947年の創作Reflet時計、完璧に伝わって二大ブランドは精緻な生活と優雅な気風のロマンチックなビジョン。


今回発売する真心のはちじゅうセット限定版精品は、素晴らしい金色Goyardine表箱、ひとつのBoucheron宝詩竜経典黄金金Refletブランド時計コピーや、黒、白、金三条が思い通りに代わるバンドの組み合わせで。ごとに1つの贈り物は腕時計の裏が刻まれて芳登広場の彫る飾刻み。もっとサプライズはReflet腕時計サファイアクリスタルの表面に隠された秘密標識――芳登円柱ホログラム。

留言列表