時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

最高峰モデル“プール・ル・メリット”第4弾モデルにくわえ

 

曾祖父アドルフ・ランゲによる1845年のマニュファクチュール創業の伝統を継承すべく、東西ドイツ分割と会社の国有化による半世紀の空白を超えて、1990 年にウォルター・ランゲの手で復興。ドイツ・グラスヒュッテ伝統のスタイルと最高峰の職人技による究極の機械式時計づくりを追求しているA.ランゲ&ゾーネ。高い目標を掲げて一切の妥協を許さない姿勢、トレンドに影響されることなどない独自のペースでの製品づくりは2011年も変わらない。

今年の新作は全部で6モデル。その内訳は、ふたつの複雑モデルと、復興第1号モデルとして1994年に発表され、今回全面的にモデルチェンジされたスタンダードなウォッチコレクション「サクソニア」の4モデルだ。

高度なメカニズムが大好きな時計愛好家にとって興味深いのは、何と言ってもふたつのあたらしいコンプリケーション。

とくに時間精度を追求して地球の重力の影響を軽減するトゥールビヨン脱進機に、時計の駆動力を安定させてさらなる精度向上を狙った鎖引き(チェーンフュジー)機構を組み合わせた「リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」には注目だ。時・分・秒を独立した針で表示するレギュレーター文字盤のうち、時を表示するインダイヤルの一部をトゥールビヨン脱進機を見やすくするために6時間毎に表れたり消えたりする隠しダイヤルにしている趣向が楽しい。

またもうひとつの複雑時計「ランゲ・ツァイトヴェルク・ストライキングタイム」は、一見すると2009年に発表されたデジタル表示の「ツァイトヴェルク」とほとんどおなじに見えるが、じつは文字盤左右のデジタル表示の下に、時の経過を音で知らせるためのハンマー機構を備えた、ブランド初のミュージカル(鳴りモノ)ウォッチであり、鳴りモノ好きの時計愛好家には絶対に見逃せないモデルだ。

また全面リニューアルされた「サクソニア」も、ひとまわり大きく薄くなったケースに合わせてムーブメント自体を設計し直すなど、手間を惜しまぬ細かなこだわりが満載されており、最高峰のスタンダードウォッチとして完璧な仕上がり。とくにランゲ初の2針シンプルモデルとなった「サクソニア・フラッハ」は、シンプルウォッチを愛する大人の方に、ぜひ一見を薦めたいモデルである。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 4
留言列表