時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

高パーキン富斯グランSonnerie大自鸣腕時計

十年のせっせと開発。組立部品935件を超える。獲得する特許2項目。出発の音はきわめて純粋な共鳴箱だ。11項の安全設計を内蔵し、万全を確保するために……上記に掲げる事項は、すなわち推して知るべし高パーキン富斯初の大自鸣腕時計開発仕事の浩大な繁雑。

すべての熱愛複雑時計の歴史の職人達にとって、大自鸣はよくないの頂点を登るのは生涯。大自鸣はきっと最も偉大な時計に複雑な機能の一つ。自ロバートとスティーブン協力の初期には、二人はどのように現代手法から考えて演じこの複雑な機能の王。十一年間、彼らに打ち込め大自鸣の研究開発。彼らの研究に専念し、組立腕時計の935枚部品、特に確保ムーブメント、外観部品や音響システム間の完璧に調和がとれている。

この腕時計代表は彼らの技術と卓越したタブ理想精鋭。この大自鸣腕時計を持つ強力な音響特性。その人体工学設計を着用者に最大の使用利便性を提供している。時計「大自鸣」モードににじゅう時間の動力を持って貯蔵。この時計配備無声報时调校装置を遵守高パーキン富斯ケースの標準サイズ制限の下に入れる24秒陀はずみ車装置。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 4
留言列表