時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ありありとは腕の岩手山の絶景セイコーSEIKO 135年創業

セイコーSEIKO 135週年を記念して創業、グループ傘下の高級腕時計ブランドのグランSeiko、特に復刻経典腕」「44GSケースデザイン、そして岩手山日の出景色をテーマに、発売9S86搭載高振频ハイ街で36転GMTムーブメント世界限定500のSBGJ021や、搭載9S85高振频ハイ街36転ムーブメント世界限定のSBGH047 150匹。その中で一番表ファン期待して待つのはSBGJ021表項、自動盤経由陽極酸化処理、現れるように夜明けのような多彩な色、完璧な解釈「雫石高級時計工房」に優れたタブ工芸。

1967年に初の44GS出版され、世界を築いた令人のSeikoスタイル、透過職人に優れた研削と切断し、腕時計の中で完璧に現れSEIKOと式の美学と職人の精神。2014年、高級時計をジュネーヴ大賞(GPHG)小指針(Petite Aiguille)賞のSBGJ005ベースを踏襲は1967年44GS造型、SBGJ021と維持をSBGH047一貫してじゅうに時標増幅2倍、独特なダイヤカットの時になると指針、完璧な鏡面研磨芸、より増えた透視背中をだりムーブメントの時間スイング。

グランSeikoのチーフデザイナー小杉修弘も言っていたが、44GSのケースはすべて表の中に磨きをかけて困難度の高い、今回配信表項のケースと同じ複雑な表耳折り目、全部ではろく面と曲面構成を経て、職人の手作りよく研磨が霧面と亮面を織り交ぜた繊細な工法。どのようにそれらをよんしよ面に中道は1点で交わるよりは、テストの職人たちの完璧な芸。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 0
留言列表