時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

カシオGPピアノコンサート——西安駅

さん月29日、ジャズピアニスト罗宁ジャズトリオ及びカシオGPピアノコンサートは西安音楽学院で行われ、現場のディーラーの代表、学校の学生と教師、専門音楽人、音楽機構と琴行の情熱を代表が参加しこの古典から現代までの質の高い音音楽会を一つ又一つのクライマックス。につれてカシオ(中国)貿易有限会社の社長の金田公、電子楽器営業統轄部副総経理张军や西安音楽学院現代音楽学院院長や書記4位のリーダーと共に開幕して、正式に開いたカシオGPピアノ大会の幕。

今回の活動の主役として罗宁、中国最高のジャズピアニスト、作曲家、2008年北京オリンピックのピアノを担当するゲストも何度かされ、文化部の要請により、外国文化交流を行う出演は、彼からや他の二人の芸術家を情熱の現場に観客にに時間の素晴らしい出演。オープニング、即興のトリオの『序曲」を表現した演技は完璧な芸術家たちの熟練の技と相互信頼のチームの魅力、軽快現代の「テディベア」の叙情的な「昔の時」、古典から現代までのモーツァルトソナチネオリジナル作品で、音楽に伴って、観客から現代にタイムスリップクラシック、また民族から感じた世界、みんなすっかりジャズピアノトリオが徴服。コンサートは終わりに罗宁先生は観客を準備したサプライズ、特別招待中国でいい声第三季人気学生伊カラットの木と「牡丹」を上演して汗を再び盛り上げコンサート、観客の持久止まらない拍手の中をした人流連荒亡のアンコール出演は、いわば場が独自の視聴の宴。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 0
留言列表