時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

スウォッチ来年ツイスーパー電池知能の時計は半年は夢ではない

過去一年時間時計メーカーに隠していたそのインテリジェントスウォッチない時計の領域の野望、特に電池技術の方面の投入。装着可能な設備としての阿部さんは、バッテリーの持つ悪い表現によって、多くの消費者が着用可能な機器に対して、この分野の新しい技術の出現を待っている。

でも、最近スウォッチCEOニック・ハイエク(Nick Hayekはメディアの取材に対して、この会社の計画は2016年1項出して、知能の腕時計の電池、その滯空時間に達するろくヶ月。

ニック・ハイエク(Nick Hayek)は、この新型電池自動車にも応用。「誰でも、市場のために約6ヶ月に達するスマート時計の電池を作ることができれば、競争力がある。」ハイエク表示。

「私たちは手を自分たちの開発グループBelenosや電池メーカーはこの問題を解決してRenata。来年は、我々は市場に1項出して転覆性電池、この制品は光针スマート腕時計、まだ適用自動車。」スウォッチ広報担当者は確認されたハイエク話。

さっき的に近いApple Watch、そのバッテリーの持ちの表現を引いた市場の論客の不満。リンゴによると、この製品のバッテリーは最大18時間であるという。として世界最大の時計メーカー、スウォッチ今年さん月発表その初の知能の腕時計、目標がはっきりして、挑戦しようとりんごApple Watch。また、この会社は、スマートな腕時計「植え」の安価なチップを計画しています。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3
留言列表