時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

時間とライフアートWilhelm SchmIDとWilhelm SchmIDとの出会い

ボズビスブルグ(Schlossプロジェクト)で行われたセミナーでは、ラン格総裁のWilhelm SchmIDは、哲学者やベストセラー作家のWilhelm SchmIDとともに、貴重な時間資源をいかに使うかを検討した。

1人はベルリンの「生活芸術」の哲学者で、もう一つはラン格総裁だったが、二人はたまたま同じ名前や時間の議題に対する興味を持っている。2人のWilhelm SchmIDは、5月11日にドイツマソン付近のボズビウスバーグで集首し、時間という課題を語る。この哲学はリーの王室のアルクランの王女によって主宰して、彼女はニュース広報の仕事を兼ねているだけではなくて、更に城のヒロインである。

哲学者のWilhelm SchmIDは、時間を収容して、人間を支えるプラットフォームとしている。大衆は適切に時間を配置する必要があると思って、生活が充実して、効率があることができると思っています。そして、時間を使う芸術は、一定の法則がある日程を採用することである。朗格総裁のWilhelm SchmIDは、貴重な時間を工夫して、自由に運用できると考えている。「時間色」の理論では、休養の段階を「青い時間」と述べた。この段階では、それぞれのビジョン、夢、理念が生まれてきた。効果的な段階については、「黄金時間」と呼ばれ、愛情段階はピンクを主調としている。避けられない「灰色の段階」を受け入れなければならないとも指摘している。人生の多くは、運命の支配者であり、それを受け入れることができるだけでなく、本当の生活を楽しむことができる。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2
留言列表