時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ランガーは新しい高さを出して、ロレックスのディ通が競売の神話を作りました。

ジュネーヴ大会が5月13分に競売され、2日連続の競売については、やはり多くの人気を記録したもので、最も貴朗、オメガ、そして第2位のロレックスが誕生しました。

まずは万人の期待に包まれていたドラフト1815に敬意を表し、最終的な成約は852 , 525スイング、約540万円で、これまでの落札価格の最高値となった。

このオークションでは、これまで最も高価なオメガ、猫王のピアスオメガが1 , 812 , 500スイングで成約していたのは、1 , 812 , 500スイングで、約1 , 150万円になりました。1つの驚きの記録は、わずか半年前に、当時の低調なオメガのドッグが1 , 000万元に近いです!前の見積もりはただ50 , 000 - 100 , 000スイングだけで、最高の評価の18倍になります!絶対に無兆候の大爆発です。

また、5月12日のDay Tona Ultimatelのオークションでは、ロレックスディスは神話を更新し、プラチナディーズが662を5 , 937 , 500スイングで成約した。この時計も、史上2番目に高いロレックスとして、昨年末に誕生した1.2億元のロレックスのPNディ通にランクインしている。ちょっと値段の差があるけど……。この1970年代に出品されたディ通は、有名な収集家、John Goldberである。彼は、その競売によって、子供の慈善機関Childrenアクターに寄付された。このDay Tona Ultimatelの中で、32元のディ通を全部出して、総成約は22 , 200 , 000スイングでした!「大毒クロウ」schenは早ければ、「ディパスをはじめとする骨董の労が続いています……」


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2
留言列表