時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

パマ強ニ腕時計の日常はどのように保養すべきですか?

パマ強ニ腕時計の日常はどのように保養すべきですか?パマギニは、世界的に有名なスイスのトップクラスの名表ブランドで、1996年にワルドトラスの中心城に誕生しました。普段はパマギニアの腕時計を身につけている時に直接人体の皮膚に接触することができて、汚れを清潔にしないならば、衣服の袖口を汚しやすく、皮膚のかゆみ、皮膚のアレルギーにもなりやすいので、常に清潔にしなければなりません。

1、電池の電気が尽きて時計が止まった時、できるだけ早く指定されたアテネの補修ステーションに送って検査して、電気のない電池が長い間表内に残って心臓の破損を引くことを避けます。

2、現在の時計の中でもとても盛んでペ帯の皮の表帯が盛んで、原因はそれが比較的に柔らかい、招待状と快適さにあって、またステンレスの表帯のニッケル金属のように人の体に対するアレルギーの反応をにじみ出すことを防止して、さらにレベルが高いことに見えます。だから、気をつけている人は普通に皮を皮で持っています。

3、皮の表帯の清潔さは、湿った柔らかい布で洗濯することができます。

4、普通は毎日同じパマギニアの時計をかぶってはいけなくて、多くのいくつかの異なるパマフェニニの時計を交互に使用して、個人の造形を豊かにすることができるだけでなくて、ほこり、体垢の全集の中で同じ精工運動の時計の上にあることを避けることができます。

5、時計を溶剤、水銀、化粧用の噴霧剤、清潔剤、接着剤、ペンキ、樟脳、そうでないと表殻やバンドなどが脱色し、質が悪くなります。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2
留言列表