時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

西鉄城Light is Timeが2014年ミラノデザイン週間に初登場

1930年に成立してから、西鉄城は常に優れ、革新を追求し、全世界の公民に高い付加価値をもたらした精巧な腕時計である。このような革新精神のリードの下で、強力な開発力によって、西鉄城は1976年にコア技術の重大な突破を実現し、革命的な腕時計駆動技術を開発した。光動能技術は、どのように見える光源を電気エネルギーに変換して腕時計の動きを動かすことを実現し、電池を頻繁に交換することなく、環境にやさしい時間体験と西鉄城の腕時計を身につける楽しみを多くの人に感じさせます。

今回のミラノの設計週間は、西鉄城により多くの機会をもたらし、国際的な腕時計ブランドの独自の制表理念と文化の精髄を世界にアピールできる。これによりますと、今回のミラノの設計週間は世界で160 , 000人以上の来場者を迎えます。彼らは現場で西鉄城と共に光と時間の関係を探って、シトロン城の追求を怠って未来を引き取ったブランドの魅力を感じています。

西鉄城は今期のミラノの設計週間に展示された光影芸術装置で、パリの有名な建築家の田根剛(TsyoshTane)と西鉄城設計チームが一緒に協力して完成した。「Light is Time」のテーマを体現する「Light is Time」のテーマ。空中に配置された80 , 000元のマザーボードは、霊動、想像する空間を作り出す。また、西鉄城は、世紀の20年代に誕生した最初の懐中表と時下最新の時計を展示している。西鉄城の文化の歴史、代表品、そして美しい芸術装置などのテーマ展を網羅して、世界の腕時計企業が持つ独特な魅力と職人のような製表技術として視聴者に深く感じさせる。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表