時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

エミーマゼラン海峡探検隊が世界記録を記録する

強い海風、刺骨の低温、極差の能見は、ジコンとアンドリュー・ズール茨木(アンドリューScholtz)の2人は、チューリッヒ・シネード区の歯医者や凧サーフィン愛好家から異常の険しい状況をもたらした。それでも、凧を運転してマゼラン海峡にまたがる偉大な夢は、2013年1月7日に現実になった。「私たちが探検隊をお祝いして、彼らはもう一度証明しました。私たちは永遠に夢を堅持し、それを現実にしなければなりません。」事態は困難にもかかわらず、探検隊はやはりタイミングを把握し、あらゆる挑戦を克服した。この探検プロジェクトのためにサポートを提供していたエミーの執行総経理のマーク・ガーターは言った。

マゼラン海峡は南アメリカ大陸最南端の火地島(Tierra del Fueo)の間に位置し、1520年に世界を航行する途中、初めてこの海峡を通り抜けるポルトガルの航海家のフェルナンディン・マゼラン(FerdinランドMacelan)。1914年にパナマ運河が開通して以来、パナマ運河の大型輸送船彩絵によって通行できない。マゼラン海峡の水温は極めて低く、風勢が強く、能見が悪く、世界で最も困難であり、最も危険な航海線の一つである。海峡を越えてチーム全体の全情投入と協力が必要です。今回は海峡にまたがって、スポーツに挑戦する忍耐力の創挙は、「エミー・マゼラン海峡探検隊」の名で永遠に歴史に載っている。

「私たちは限界を持って戦い続け、最後に目標を達成したという感覚はなんとも言えない」。エミー・マゼラン海峡探検隊のメンバー、スイス凧板選手、ジソン・ズール茨木さんが語る。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表