時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

機軸の上のあの“妖艶”の赤い宝石を知っていて、あなたはどれだけ知っていますか?

腕時計が好きな皆さんにとっては、ココアに使っている宝石ベアリングは、皆知らないはずです。ビルビー姿の「妖艶」の飾りは、その使命を担っている。そんな「妖艶」のルビーベアリングについて、どのくらい知っていますか。

時計の誕生の初めと後の時間の中で、制表業は紅石軸受の技術がなくて、その時に機軸の縦機構、並行と行の輪の中の各歯車の回転軸は、すべて直接黄銅の材質の主な板挟板や板挟みにつながっている。欠点は明らかになります:磨耗しやすくて、空気中のほこりは機軸の内部に侵入しやすくなります。腕時計は非常に精密な部品で、長期のほこりが積み重なって深刻な影響を与えることができて、そのため今日の製表業は防塵に対して特に高い要求があります。

問題が出たからには、解決したい人がいるに違いない。1704年、スイスからの数学者と天文学者で、同时に光学器具商でもあるNiコスフェスのDuilierが、宝石のドリルを精確にすることができ、史上初の列を使って天然の赤い宝石を使った時計を作った。商人として、ナコスファルダーは当時の製表中心のロンドンに来て、自分の発明のために「ロイヤルフランジ」をやってほしいが、当局が誤っているのは、ルビーベアリング技術は誰も使っていないと思われている。しかし、ナコスのDuilierの奔走と普及は、やはりルビーベアリング技術をイギリスで普及させている。言うに値するのは、当時使っていた宝石は赤の宝石に限らず、ダイヤモンド、サファイア、ザクロなどがあった。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表