時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

最も薄い光動能腕時計西鉄城Eco- Dre 40周年記念金

上世紀の時計圏ではグロルルー事件があったが、確固たる伝統の機軸がかつてない石英の危機に見舞われ、日本という「島国」を軽視する人はいない。日本の腕時計メーカーといえば、カシオや精工、西鉄城などのブランドにはあまり知らないものはないと信じています。

精工と比べて西鉄城の歴史はそんなに古いものではありませんが、それは利用技術によって一時的に人気があります。今では多くのメーカーがその技術を把握しているが、西鉄城は依然として自分の家のコア技術として定義されている。Eco- Dリオ(光動能)の技術誕生40周年を記念するために、西鉄城は、新たなEco- Drev One旗艦表を発売した。現在の世界で最も薄い光動能腕時計で、機軸の厚さはわずか1ミリ、甲羅の厚さは2.98ミリだった。

世界で最も薄い光動能腕時計を設計するために設計された。西鉄城に自慢の光動能技術もアップグレードした。Eco- Dreet Oneは、コアがより薄くなるだけでなく、エネルギー消費も比較的大きく低下し、電気の状態で10ヶ月の持続可能な運行を続ける。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表