時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

アマニの腕時計はどのように取り出しますか?

アマニの腕時計はどのように取り出しますか?今まで、アマニ社の業務は100カ国以上にわたっている。しかし、アマニの機械腕時計については知らない人が多いですが、アマニ機械の時計を持っていたら、アマニの腕時計をどう取り出したらいいのでしょうか?

アマニの腕時計をどう取り出しますか。時計を開けて芯を取り出すのは通常2種類の場合があります:

(1)表の後ろカバーから取り出します。

(2)時計ガラスの方向から取り出します。ほとんどの腕時計は、表の後ろカバーからコアを取り出し、その後、表の直径が大きすぎて時計の後ろカバーが小さいためである。表殻の構造も2聯と三聯に分けて、いわゆる2聯のというのは、表殻と表裏カバー(表ガラスは計算しない)、いわゆる「三聯」というのは、表殻と表裏カバーのほかに、表殻の前輪を除いて、(少し古い時計のような様子があります)表殻の前輪が通常圧合しているか、あるいはねじをねじで絞り込みます。方向を取り出し、見た目のデザインに必要なものもあります。

アマニの名表の機軸を取り出す方法は、空気を打つことです!小気筒を使って、空気を使って腕時計のパイプ(この時は取っておいてから、表が再び密封された)ことを表殻の中に力を入れて空気を打つ。「飛行機は吹くのではなく、列車は追いつかない」ということわざがあるが、時計を開けて表の芯を取り出して吹くことによって、自転車に気を遣うようなものがある。珍しいでしょう。

アマニの腕時計を取り出した方法は、LonGINEC嘉嵐シリーズの時計ではなく、このようにココア、TiSSTもあったし、他のブランドの時計も見たことがある。面倒くさいと言いますが、時計の腕時計、特に時計のガラスの密封されたナイロン圏があります。もちろん、どの専用の小気筒がなくても、この仕事はできないし、腕時計が漏れて密封しないのも無理です。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表