時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ジャガー・ルクルトは卓の伝統の大家のシリーズ《ローヌ川の上その夜すぐ》の3を超えて腕時計を聞きます

当然で、ジャガー・ルクルトと古代インド・高の作品のは親密にReversoàEclipseシリーズでただ、決してだけではないにの接触します。ジャガー・ルクルトの非凡な技術で高レベルの機械の表を作成する科学技術を結び付けて、ジャガー・ルクルトは複雑な大家のシリーズの3を古代インド・高が名画を書いて《ローヌ川の上その夜すぐ》を行うを原本の超卓にして腕時計を聞きます。《ローヌ川の上その夜すぐ》創作するのは1888年に、寒い色調の濃い藍色の短い糸の敷く夜空の中で、明るくなって黄の飾りの湖水の照明の倒影、強烈なコントラストは夜の静かなのを表示して、紺碧の星空は非常に深いのに見えたけれども、画面の右下の1対の古い夫妻は湖畔で散歩して、めでたい安寧のシーンが人に内心の暖かさを持ってくるのがと静かです。

  

ジャガー・ルクルトが卓の伝統の大家のシリーズの3を超えて腕時計にこのような1枚の画面を選びを聞いて、腕時計の3を通じて(通って)鳴り響く楽音を聞いて、画面にあげるのはより多く生き生きとしています。腕時計は18K金の材質を使って製造して、18制限して、チップを内蔵して437の部品を持ちます。小さいにエナメルのすぐれて良い描写を描いておりて、この古代インド・高は描いて再度真に迫ったのが濃縮するに39ミリメートルが小道を表すにの時計の文字盤の中を行って、かつ細部は依然として絵によって行って、思わず人をジャガー・ルクルトのエナメルの技術の微妙できんでているので驚嘆させます。

  

しかし、古代インド・高の最も有名な絵は行って、どうして少ないの名高い《星空》、これは古代インド・高が精神療養所の治療の時創作したので、この絵は十分に印象派の現れた抽象的な風格を体現していて、全くねじ曲がる星空と渦巻き形の夜空、古代インド・高の精神世界の憂鬱なのを表現していてこの時にと迷って変化します。深い青の青いのは古代インド・高が色の中の一つが好きなので、ダイダイ色、ヤマブキイエローと薄暗い黒色、普通の人をすばらしい星空の表現したのが人をどうしたらよいか分からなくならせるのに思って、しかしこれは正にその時の古代インド・高の脳裏の中の星空です。そこで、ジャガー・ルクルトはこの古代インド・高を代表性の絵に高く備えて行って、同様に小さいでエナメルの技術を描いて超縮小化を行って、ジャガー・ルクルトで卓大家のシリーズ陀はずみ車の腕時計の中のすばらしい再現を超えて、18Kプラチナは殻を表して、978内蔵して自動的に鎖のチップに行って、腕時計は18制限します。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表