時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ミニマリズムを体現するドイツの時計ブランドが日本の四季を意識した限定モデルを発表

今年、ドイツの芸術や産業に多大な影響を与えた美術学校、「バウハウス」が創立100周年を迎えた。ノモス グラスヒュッテもまた、バウハウスのデザイン哲学を受け継ぐ時計ブランドであり、来年2020年は同社にとって創立30周年という節目を迎える。かつて時計師3人からスタートし、いまやドイツ国内随一の生産力を誇る時計メーカーへと成長したノモス グラスヒュッテは、記念すべき2019-2020年に向けて、ドイツの伝統的な時計作りとバウハウスのスピリット、そして親愛なる日本の伝統工芸とを融合したプロジェクトを進めてきた。

今回リリースされる日本限定モデルは、アイコニックな「タンジェント」をベースとし、日本の四季を「秋・茜」、「冬・屋久杉」、「春・槐樹(えんじゅ)」、「夏・藍」の各色で表現。ダイアルのミニッツマーカー部と、カーフストラップ(日本に古くから伝わる草木染めで仕上げる)に使われている。

問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表