時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ヴィンテージライクなスタイルに“日本の技”を満載

セイコー プレザージュは、100有余年に渡るセイコーの伝統的な時計作りのノウハウを受け継ぐ、メイド・イン・ジャパンのウオッチブランド。日本の美意識をテーマとし、クラシックデザインをベースにしたラインナップが共通の特徴である。その美しさは時計愛好家からも高く評価されている。

今回リリースされた新作は、ダイアルに製造には手間と時間がかかる琺瑯を採用している。琺瑯製はセイコーが生んだ記念すべき国産初の腕時計「ローレル」にも用いられた伝統的なもので、鉄素材に不純物が極めて少ない粘土・純水・ガラスなどを原料とする釉薬(うわぐすり)を塗布し、高温で焼成して作られる。主に美術品や工芸品に使われてきた技術で、その日の気温や湿度によって釉薬の成分比率を調整する必要があるなど、製造には職人の高い技量を要する。そのため大変貴重で、プレザージュではハイクラスのモデルにのみ採用されている。

なお本作の琺瑯ダイアルは、塗布面の仕上がりの厚さを0.01mm刻みで見抜くという匠、琺瑯職人・横澤 満(よこさわ みつる)氏が監修している。カラーバリエーションは独特のみずみずしさを持ったホワイトと、温かみのある艶が印象的なブラックの2色で展開される。

問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2
留言列表