時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

なぜ、いまジュネーブ・ブランドなのか?

ジュネーブは、かつて彫金やエナ メルなどの装飾品で栄えていました。それが16世紀の宗教改革の影響で周辺各国から亡命者が流れ込み、彼らの持ち込んだ技術によって時計産業が盛んになりました。その流れのなかから創業したのが、ヴァシュ ロン・コンスタンタンであり、パテック フィリップです。

ジュネーブ州もまた、1886年に原産地証明「ジュネーブ・シール」 を制定し、ジュネーブ産の時計の神格化を推進。その結果、すべての丸型ドレスウオッチの規範となった「カラトラバ」を筆頭に、数々の「クラシック」が、ジュネーブで誕生しました。

伝統を重んじるのではなく、伝統を作ること。それがジュネーブ・ウ オッチの真骨頂とすれば、1970年代に発祥した、「ラグジュアリー・ スポーツ」も含まれるでしょう。ジュ ネーブ出身の巨匠ジェラルド・ジェ ンタが手がけた数々の名作は、平成の日本でも大ヒットを記録。いまなおパテック フィリップの「ノーチラス」は、入荷待ちの状態が続いています。

こうした先人の成功例を見ながらジュネーブで育った新興ブランド各社は、新たなスポーツ・ウオッチの 開発に邁進中です。フランク ミュラー、 ロジェ・デュブイ、クストスらの繰り出 すタイムピースにより、いままさに 新たな時代が創られようとしているのです。

 

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3
留言列表