時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

“時への挑戦”という共通項を持つ「ティソ」と「アルピーヌ」

1973年、世界が見守る中、アルピーヌの伝説のマシン「Alpine A110」は、モンテカルロのラリーで開催されたワールドラリーチャンピオンシップを制覇。時を同じくして、ティソは「Tissot PR516」を誕生させるなど、モータースポーツにインスパイアを受けた数々の時計を生み出しました。
“時への挑戦”という共通項を持つ「ティソ」と「アルピーヌ」。両者が、かつての栄光の時期と同じように再び手を取り合い、正式にパートナーシップを復活させたのは2015年のことでした。

今回発表されたのは、アルピーヌから発売される「新型アルピーヌA110 プルミエール・エディション」の登場を祝した限定モデルです。
本機のベースとなるのは、軽減孔付ステアリングホイールに着想を得た“パンチングレザーストラップ”を特徴とする1962年誕生の「Tissot PR516」。このコレクションの意匠を継承しながら、アルピーヌ スペシャルエディションとして生まれ変わりました。

製造本数は、スーパーコピー時計世界限定516本。日本では「新型アルピーヌA110 プルミエール・エディション」の国内販売台数に合わせ、50本のみの展開となります。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表