時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

鉄道時計から発展したタフウオッチブランド

 

ボール ウォッチの創業者、ウェブスター・クレイ・ボールは、アメリカの鉄道黎明期に安全な運行を促す高精度な鉄道時計の検査システムを構築した人物である。当時、鉄道事故が多発していたが、彼の功績もあって鉄道員たちは正確な時刻を把握できるようになり、事故が減少したという。

彼の時計技術やフィロソフィーを受け継ぐボール ウォッチは、視認性、操作性、堅牢性、防水性、耐衝撃性で突出した時計作りを実践。近年では文字盤に自発光型の夜光システム「マイクロ・ガスライト」を使うほか、ごくわずかな高級ブランドが使用する904Lステンレススチールの採用(一部のモデル)や、自社開発ムーブメントの製造もスタートするなど、先進的なテクノロジーを次々に生み出している。もちろんその根底には、“タフ&ディペンダブル(頑丈で信頼性の高い)”というポリシーが刻まれている。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表