時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

今日の時間が1秒長くなり、「7:59:60」の現象が現れるうるう秒現象

地球の自転速度が低下すると、今朝の午前7時59分には、通常の60秒ではなく61秒が含まれます。報告によると、国際地球回転局と国際地球時間局は、2012年6月30日23時59分59秒、英国グリニッジ標準時23時59分60秒に世界が1秒ずつ増加すると発表しました。 、翌日の00:00:00。北京時間と比較すると、7月1日7時59分に1秒増加し、7時59分60秒という特殊な現象が発生し、その後8時00分になります。 「うるう秒」という現象が発生したのは2000年以来3回目。

一般的に1分は60秒ですが、うるう秒のため1分61秒という現象が発生します。今年、世界は2012年6月30日の真夜中、イギリスのグリニッジ標準時、つまり2012年6月30日の23:59:59、さらに1秒23:59:60が表示され、翌日の00になります。 :00:00。中国は「東八区」にあるため、対応する北京時間は2012年7月1日の7:59:59です。うるう秒1秒、7:59:60が表示され、次に8:00:00が表示されます。 「つまり、7月1日はもう1秒です。」

「61秒は人為的に追加されたものです。そのとき、私たちの原子時計は「7:59:60」と表示されます。これは通常、信じられないほどの時間です。」国立時間サービスセンターの時間周波数ベンチマークラボのディレクターであるドンシャオウは、全世界がすべての原子時計は、「×:×:60」という独特の時間を持ちます。

報告によると、国立時間サービスセンターの時間周波数ベンチマークラボはすでに準備されており、今日の北京時間の7:59:59と世界的なうるう秒の調整では、7:59:60の特殊な現象が現れます。ただし、ドンシャオウ氏は、1秒延長しても誰もが調整する必要はないと述べた。 「携帯電話の時刻は通信基地局から取得され、自動的に調整されます。通常、時計はテレビ局やラジオ局に対して手動で調整する必要があります。電波テーブルは自動的に調整できます。ほとんどのコンピューターは手動で調整する必要があります。コンピューターに時刻調整ソフトウェアが搭載されている場合は、自動的に調整できます。 」

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表