時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

中国本土の時計産業における重要な力

長年にわたり、中国本土は高級品業界の羽根となっています。独占禁止政策の実施と輸入関税の引き上げが売上に打撃を与えた後、時計製造業界の幹部はこれについて非常に懸念しています。過去数か月の間に、中国本土はスイス時計の輸出先として第3位になりました。実際、現在の30%程度のペースで成長を続ければ、中期的に中国本土が米国に次ぐ第2位になるでしょう。それまでに、中国本土は、スイスの時計の最大の輸出市場である香港に次ぐ第2位になるでしょう。

外の世界でよく知られていないのは、時計職人としての中国の役割です。スイス時計産業連盟(FH)が発表した2017年の統計によると、世界の時計製造の約80%は中国本土から行われており、その輸出額は50億米ドルに上ります。これにより、中国は主要な輸出国/地域のリストに載り、スイス(201億米ドル)と香港(84億米ドル)に次ぐ3位にランクされました。しかし、香港貿易開発評議会によると、香港の時計輸出のほとんどすべてが実際に再輸出されており、その56%が中国本土からのものです。ロッシーニ、エボッド、ティアンワン、フィタなどの中国ブランドが支配するローエンド市場を含めると、中国は世界で2番目に大きい時計製造国と見なすことができます。

       1950年代から1960年代にかけて、時計製造業界は、主にソビエト連邦とスイスとの技術移転を通じて、中国本土で具体化し始めました。 1979年、トウ小平が策定した経済政策により中国への直接投資が可能になり、広東省に自由貿易地域が設立され、地元の時計製造業の発展が加速しました。香港を本拠とするこの会社は、水のプラットフォームの近くにあり、すぐに世界の工場になる労働市場をフルに活用しています。 1984年以来中国で時計を生産しているFossil(一例を挙げると)などの西側の企業はそれほど遅れていません。 Vontobel Bankのデータによると、収益のみ(年間収益20億スイスフラン以上)の点で、Fossilは世界で4番目に大きな時計ブランドになりました。スイスの日刊紙NeueZürcherZeitungによると、同社は現在、香港化石極東有限公司を通じて約40社の中国サプライヤーと取引を行っているという。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3
留言列表