時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

バウハウス・ウォッチ ―現在のさまざまなアプローチ

パウル・クレーやその同僚たちが時計デザインに携わった場合、どのようなタイムピースを生み出したかは知る由ない。もしバウハウスの教官や学生の誰かが造形大学が存続していた短い期間(1919~1933年)にデザインした、本当のバウハウスの腕時計というものが存在したら素晴らしいものであったに違いないし、その後、一部を模倣、改良したり、デザインの基準として使われたりしたであろう。だが実際には、そのような時計は存在しない。

 バウハウスの精神に則った時計作りを目指すとき、色、形、タイポグラフィの典型的なデザイン要素を実験することによって、誰でもおそらくそのデザインの本質に近づけることができるだろう。これにより、ノモスのようなレトロ調のものであったり、遊び心のあるユンハンスのフォーム A、またはデザインの歴史を振り返るエスリンガーとストーヴァのコラボレーションに見られるビンテージモデルを参考にしたデザインの歴史を振り返ることができる。

 現在の時計ブランドは、デザイン要素以上のものをバウハウスに結び付けている。バウハウスの哲学を重視しているのだ。バウハウスの精神と結び付くタイムピースには、ユンハンスのマックス・ビル ウォッチのようなバウハウスで学んだ学生が、その数年後にデザインしたものがある。それからタンジェントのような、バウハウスの外観要素と現代的感覚を併せ持つものもある。これに関連して、ノモスは、同社が1907年にドイツで設立され、建築家、デザイナーらで構成されたドイツ工作連盟(Deutscher Werkbund)のメンバーであることを強調している。高次元のデザイン精神が、両ブランドには見られる。

NOOB製の【Franck muller】フランクミュラーコピー|フランクミュラースーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 1
留言列表