時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ブルー文字盤のエクスカリバー 42 オートマティック 日本限定モデル

 

時計製造のメッカであるスイス・ジュネーブ州は、州の法律に基づく、時計の品質基準を設けている。最新の基準は、ムーブメントの美観はもちろんのこと、製品の状態での精度、外装の美しさや性能までも対象とした大変に厳しいもので、その審査をクリアした証であるジュネーブ・シールを刻印することは、まさに高品質の折り紙付き。ロジェ・デュブイは、そんな厳しい審査を、全製品においてパスする唯一のブランドである。

ここに紹介する「エクスカリバー 42 オートマティック 日本限定モデル」もそんな高品質が約束された1本だ。力強さと卓越性をコンセプトとし、刻みの入ったベゼル、大型で印象的な秒表示板、伸びやかでインパクトの大きいローマンインデックスなど、まさにダイナミック。ブレスも男性的な強さと一段上のフィット感を追及している。

Tags: 時計の品質

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3

ラルフ ローレンのアイデンティティを描く

 

もしかすると、どの複雑機構よりも製造が困難かもしれない……と言っても、決して言い過ぎではない。それが「焼成エナメル」(グラン・フー エナメル)による文字盤の製作であり、中世から継承されるこの技法を使って、実際に文字盤を作っている時計ブランドは指折り数えられる程度しかない。

2007年に時計製造に乗り出し、初コレクションを2009年に送り出したばかりのラルフ ローレンが、そんな芸術的な時計作りにチャレンジした。既にラルフ ローレンは、トゥールビヨンを製造し、「スリム クラシック」コレクションの文字盤の美しいギョーシェ装飾や「スポーティング」コレクションのヴィンテージ風のケースの表面加工など外装技術でも定評を得ている。

Tags: 時計ブランド

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2

読者のみなさんのアイデアを大募集中

 

編集部では、カシオのGPSウォッチ、オシアナスとエディフィスを海外4都市でインプレッション。話題の新製品オシアナスとエディフィスがどんな実力を持っているかをフェイスブック、ツイッターで中継していきます。

<参加方法>
今回の海外でのインプレッション企画に合わせて、OCW-G1000-1AとEQB-500Dに関して海外での使い方や気になっている機能に関する疑問などを募集します。オシアナスOCW-G1000-1AJF、エディフィスEQB-500Dのホームページをご覧いただき、ご応募ください。

Tags: 新製品

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 4

モデル、素材、カラーのほかにアウトソールの色も選択可能

 

今回オーダーできるモデルは、シンプルなベーシックパンプスを中心に、オープントウ、プラットフォーム、スリングバックタイプなど全部で9モデル。スタイルによってはヒールの高さも選ぶことが可能だ。

素材はスエード、シルクサテン、パテントレザー、山羊革、そしてプラダの伝統的な素材である「サフィアーノ」にパテント加工をほどこしたカーフレザーの全5種類。色は素材によって異なるが、9~27色と豊富なカラーパレットを取り揃えている。アウトソールの色は、ブラックとピンク、アイテムによってはブルーの3色を用意。さらに自分のイニシャルをアウトソールのブランドロゴ下にほどこすことができる。

Tags: サフィアーノ

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2

機能性に優れたグラフィカルなシェイプが特徴

 

“オブセッション=執着”と空を意味する、ギリシャ語“Dia”から由来している「オブセディア」ライン。リカルド・ティッシがいままで手がけたコレクションに用いてきたディテールからインスピレーションを受けており、マスキュリンかつフェミニン、インダストリアルでありながらジュエリーのような美しさを同時に表現。デザイナーの審美眼に潜む反主流の精神を取り入れた、ダークロマンスと都会的なエッジを融合させたデザインに惹きつけられる。

そしてこのたび、「オブセディア」ラインを拡張する2つのあたらしいバッグを発表。ひとつはクラシカルなフラップバッグ。洗練されていて秀逸、タイムレスでありながらデイリーに使用できる機能的なサイズ感が魅力だ。取り外しができるショルダーストラップが付属する。

今季の象徴「キトゥン・ヒール」をはじめ、注目アイテムが勢揃い

 

クリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマンがデザインしたニューコンセプトを表現したモダンな店内には、幅広いウィメンズのシューズコレクションが一堂に集結。

2014年春夏のランウェイを象徴するアイコニックなシューズコレクション「キトゥン・ヒール」は、適度な高さのヒールを採用したシリーズ。かかとからヒールにかけて緩やかにカーブを描く美しいフォルムが特徴だ。アイテムは、レースアップショートブーツからパンプスまで豊富な種類をラインナップ。

 

skypeビデオメッセージを通じて質問も投稿可能

 

スカイプコラボレーションプロジェクトとは、著名なファッション業界人と直接の繋がりや、その人の生の声を聞くチャンスをもたらすスカイプが発信する独占プログラム。このプロジェクトに今回、デザイナーとしての評価も高いビクトリア・ベッカムが登場。

『5年間の軌跡:ヴィクトリア・ベッカムのファッションストーリー』と題して、成功を収めた起業家でクリエイティブなプロフェッショナルでもある彼女自身、そして自らが手がけるファッションブランドの軌跡について紹介していく。

撮影は世界が注目する写真家デュオ、イネス&ヴィノード

 

女性らしさや、まるで夢の世界に出てくるかのようなクラシックなスタイルが目をひく、ミュウミュウの今季のスタイル。ハリウッドを今後牽引するであろう4人の若き女優たちその世界観を見事に体現した。

それぞれのスタイル言語をとおしてクラシックファッションを表現したのは、映画『SOMEWHERE』『SUPER 8』に出演したエル・ファニング、『ダーク・シャドウ』のベラ・ヒースコート、ゴールデングローブ賞の作品賞も受賞し、自身も助演女優賞にノミネートされた『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴ。さらに『マーサ、あるいはマーシー・メイ』に主演し、オルセン姉妹の妹としても知られるエリザベス・オルセンという豪華な顔ぶれが揃った。

Tags: SOMEWHERE

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 2

取り外し可能なストラップが付きで肩がけもOK

 

ケイト・モスやアンジェリーナ・ジョリー、ジェシカ・アルバ、リース・ウィザースプーンなどのセレブリティにも愛用者が多く、新生サンローランのアイコンバッグとして人気を博している「SAC DE JOUR」。ブランドロゴをフロントに配した洗練されたデザインにくわえ、ダブルのチューブハンドルやアコーディオンサイド、マチを調節出来るストラップなど機能性にも優れているのが魅力だ。

今回、メンズも使用可能なユニセックスの「SAC DE JOUR」、A4サイズの書類が収納できる「SAC DE JOUR MINI」につづいて、2014年春夏コレクションの新作として「BABY SAC DE JOUR」があらたに仲間入り。上質なカーフスキンを使用したラグジュアリーな風合いや、南京錠と鍵がアクセントになったミニマルを追求したデザイン性はそのままに、コンパクトなサイズで登場。取り外しが可能なストラップ付きでアレンジが楽しめ、持ちやすく利便性が高いのがうれしい。

クラシックなフォルムの名品がモダンな雰囲気に

 

アールデコへのオマージュを捧げ、ジラール・ペルゴが1995年に復刻した「ヴィンテージ1945」。クラシックかつ洗練された魅力を感じさせるレクタンギュラーケースは、男性の力強さを表すとともに、優美さを兼ねそなえた逸品だ。昨年、シリーズのなかでもダイナミックな印象のXXLケースに、月の満ち欠けを表示するムーンフェイズ、そして、クロノグラフを搭載した、ふたつのモデルが誕生。さらに今年は昨年のホワイトダイヤルに加え、チャコールグレーダイヤルがお目見えした。

デザインは、「ヴィンテージ1945」の象徴ともいうべき人間工学を取り入れ対称の美しさが際立つ美しいスティール製のケースにチャコールグレーの丸いダイヤル、グロスフィニッシュとサテンフィニッシュを交互にほどこしたクロス部分が組み合わされ、モダンで柔らかな雰囲気に。

誕生50周年の記念すべき年にプラチナモデルが登場

 

過去20年間で売上高が約4倍と驚異的に拡大、史上最高の繁栄を謳歌するスイスの時計産業。そのなかで大飛躍を遂げた時計ブランドも数多くあるが、世界規模での知名度、人気、そして実際の売上高でも、当時も今も変わることなく孤高の存在として半世紀以上も王座に君臨しているのが、ロレックスだ。

従来からル・マン24時間レースの公式時計として計時を務めてきたが、2013年からはF1グランプリのグローバルパートナー兼公式時計としてサポートするなど、モータースポーツ界との関係強化にも積極的だ。そして今年は、ロレックスの製品ラインナップのなかでも最もスポーティで人気の高いクロノグラフ「コスモグラフ デイトナ」の誕生50周年目に当たる。

Tags: 時計ブランド

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3

Oyster Perpetual DayDate| オイスター パーペチュアル デイデイト

 

3時位置の拡大レンズ付き日付表示にだけでなく、12時位置にフルスペルの曜日も表示する初めての腕時計として1956年に誕生した「オイスター パーペチュアル デイデイト」。以来、プレステージモデルとして多くの人に愛されている本作に今年、カラフルなレザーストラップとダイアルが採用され、バーゼルワールドで発表された。

新色のダイアルとストラップの組み合わせは、ケースのゴールド素材によって異なる。18KYGモデルにはグリーンまたはコニャック、18KWGモデルにはブルーまたチェリー、そして18Kエバーローズゴールドモデルにはチョコレートまたはクラシックなロジウムダイアルが装備される。

全仏オープン期間中に「コンクェスト クラシック」を発表

 

さらにロンジンは、全仏オープン2013の期間中に、ロンジン「コンクェスト クラシック」を発表。1954年以来、長年にわたりロンジンの数々の名声を博するモデルを生み出してきた「コンクェスト」に、あらたに「コンクェスト クラシック」が加わった。

ケース径41mmのケースにはETA社がロンジンのために特別に開発したコラムホイールムーブメントL688を搭載。ケースはステンレススティールのほかにステンレススティールとローズゴールドの組み合わせ、そしてローズゴールド製の3種類が用意されたほか、文字盤はシルバーとブラックの2種類が展開されている。