時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

SIHH2016見て歩き:A.ランゲ&ゾーネ 文・菅原 茂

 SIHHの会場を歩いていて興味深いのものの一つに、各時計ブランドが毎年工夫を凝らすエントランスがある。ブースの外観は、サロンの統一感を重視した共通のデザインが採用されているが、エントランスのオープンスペースについては、新作の主要テーマに基づいて特別な演出がなされていて、それぞれ見応えがあるのだ。
 さて、こうしたエントランスの演出の点で秀逸なのが、ドイツ高級時計を代表するA.ランゲ&ゾーネ。毎年入口に鎮座するのは、新しい複雑時計の巨大なレプリカだ。直径2メートルにもなろうかという、その大きさに圧倒されるが、実際の時計の細部を忠実に再現する精巧な文字盤にはいつも驚かされる。「威風堂々」という言葉がまさにぴったりな、この時計オブジェを通じて、「今年のハイライトはこれだ!」と明確に主張しつつ、A.ランゲ&ゾーネの世界観へと誘うところがなんとも絶妙なのである。この衝撃的な光景に打たれた者は、是が非でも実際の時計を見てみたいとの衝動にかられるはずだ・・・・・