時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

二十歳を迎える女性向けウオッチ「Baby-G」の20周年記念モデル

 

Baby-Gは、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の兄妹ブランドとして1994年に誕生。「Tough & Cute」をコンセプトにした初代モデル「DW-520」は、G-SHOCKの耐衝撃性とタフネス感を受け継ぎながら、レディースサイズの小さめなケースとポップな色調をまとっていた。

それ以来、Baby-Gは機能やデザインの進化を図ってラインアップを拡大中だ。現在では、累計販売数量が3,000万個を超える女性向けブランドに成長しているという。

 
パッケージ
今回の「BGD-500」は、デジタルウオッチのファッション化という、トレンドを生み出したBaby-Gの20周年記念モデル。タフネス性能を象徴するシンプルなスクエアフォルム、衝撃への強さを印象づけるプロテクター、愛らしく丸みを帯びた「G」のロゴマークなど、初代モデル「DW-520」のスタイリングを再現している。加えて、常に進化するBaby-Gらしく、当時を超える20気圧防水性能を備えた。