時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

腕時計教室:どのようにカルティエの時計の車軸の車軸を植えますか?

 輪の頚部が折れて、備品がない場合は、その中で、車軸になってしまった。その方法は、シャフトの中には、栽をしている。その措置は次のとおりです:まず、車軸の焼鈍、焼鈍の方法と直。焼鈍の長さはくりぬい位置の2倍に長されている。軸の太さに応じて切れて选1段のスチールや根針、アルコールランプに赤く焼けた後、あるいは冷たい水の中で焼入れ油を表。
焼入れに適切に火加減を掌握しなければならないようにして赤で磨製の過程の中で折れ。無焼入れ経験、技術指導をしてください。焼入れ後は、まず、線、平面、平面の先端は、2つの45。対称の斜面、さらに斜面に切削刃、ドリル、図15に示す。したドリルは車軸よりやや細く細く、穴あけ後は正すことができる。
穴をあける時は切断しないでください、目測センター、図16に示すように、また、ドリルの輪の輪を防止することを防止することができます。穴あけ時は随時観察位置が正確であるかどうかは正確に、正確に是正さ。穴明けの深さは軸の長さの1倍半にするべきです。ボーリングの深さはセンターも適当に選んだ後で、またくりぬいをして。した後、1段の鋼線を栽て、溶接してしっかりとした後、爪を切って、切って軸の首の部分をたけるして、2軸の頚部の太さ、、砥石で磨きをして、すぐに使用することができます。