時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

深さとは何かを解説「大明火」(2Feu)エナメル工芸

 塗り時は淺から深く、暖かい色でスタートする順序で、毎回色を塗るたびに。1つの色は800度のかまどの内に入って、エナメル溶け、取り出して自然に冷却、冷却後に色を塗り。一回の色はすべてこのように繰り返して3回は本当に色を塗って完璧に色を塗ることができます。
しかし毎回の高温釉薬も製品が壊されたリスクを引き受ける。エナメル面盤が多層燃やし工程、まず必要は金属面盤曲げは弧状になる時、バランスを焼いて金属発生の慣性収縮後、再度、金属面盤に施設を繊細なエナメル粉末、最後に経エナメルガラス化までを大火ばい焼。待燃やし完成後、エナメルの彩色上絵師会は表面で手をカウントダウン目盛時と標準、経ばい焼に一度の過程を確保するため、この時にはブランドの識別性の面盤に飾って、完璧にしっかり表面上は。しかし本当の純粋な黒のエナメルで大明火(2Feu)900度まで1200℃の高温で発生を焼いて、無傷の黒になったのは、エナメル工芸の中のトップで、何度も何度もJaquetDrozの変調色、才能は大明火制こんな完璧に精を、ファッション的な感の深い黒色エナメル面盤。
はミネラル溶解したエナメルを備えた多くのミネラルの利点だけではなく、通気性がない、ない表現などに優れ、硬いエナメルの生地は、宝石のようなツヤと透明感を、良いエナメル作品は決して数百年を保存することができて、甚だしきに至っては千年が、燃やし過程は絶対に必要な経験豊かなや温度のマスター、それでも、まだたくさん失敗の過程が焼いてこそ、燃やして一枚の完璧なエナメル面盤。