時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

精密テスト:耐磁耐震腕時計の標準

 国家標準で、耐磁と耐震性能基準は「殘り効果」による、殘りの効果とは検査前腕時計の瞬時日差と検査後腕時計の瞬間日差差。
防振:腕時計は1メートルの高さから水平堅木の堅木の表面の時、石英時計が余って2秒を超えて、機械の時計の余っている効果は60秒を超えません。
耐磁:とき偶然は強度を4800A腕時計/ mの磁場の中に殘り、クォーツ効果1 . 5秒、機械男ものの時計(ムーブメント面積は314平方ミリメートル)余剰効果を超えないさんじゅう秒、機械パンパン余剰効果を超えない45秒。
耐磁時計標準――QB / T 1899-93『時計—耐磁時計』
本基準に基づくアナログ時計たまたまは強度4800アンペア/メートルの磁場の中に影響を受けて、適用表記「耐磁」の機械式時計とクォーツ腕時計、表記「耐磁」の時計の最小要件。技術要求とテスト方法は次の通り:
技術要求:腕時計は磁化試験で規定する3つの場合は、停止してはならない。
余剰効果:①機械式時計:型表(表のムーブメント組立直径20 mmやムーブメント面積は314mm2)より効果ない殘り30秒以内/ d ;Ⅱ型、Ⅲ型表(表のムーブメント組立直径より大きくありませんmmやムーブメント面積より314mm2)余剰効果より大きくありません45s / d。②石英時計:殘り効果より大きくありません1 / d。
試験方法:
1 .磁化磁化試験の前に時計の瞬時の日の差を測定する
機械式時計:満条運行いち時間後、テスト済みのチャンネルに位置する瞬間日差腕時計、テスト時間少なくともいち分。
水晶時計:テスト前に少なくとも運行時間時計、テスト済みのチャンネルやFH位置の瞬時日差。
2.磁化試験
①機械式時計は済みのチャンネルに位置、石英の腕時計は済みのチャンネルやFH位置を安置する試験装置の時計台の上に。
以下の3つの方向に従ってそれぞれ1つの方向にプラスして、磁場を取り除く1分、期間中に時計の運行状況を観察する。
第1方向:磁気平行は表盤面、方向は3時→9時;第2個方向:磁界平行は表盤面、方向は6時→12時;第3個方向:磁界は垂直に表盤面に垂直にする。
、③から気をつけて時計から下へ取りに時計を取りに。
3 .磁化磁化試験後の瞬間の日は
試験は15分後に時計の瞬時に日が悪い。機械式時計:テスト済みのチャンネルに位置する瞬間日差腕時計、テスト時間少なくともいち分。水晶時計:テスト済みのチャンネルFH時計や位置の瞬時日差。
4 .計算腕時計の余剰効果:同じ位置で測定した瞬間。
時計は一般的には一定のショック機能があり、外力衝撃下に時計内部の耐震機能を発揮することができる。もし発生クォーツ電池とマイナス極放れる、機械表摆轮円盤転位による時計をまっすぐ行くと、しないでください時計を壊して、実はただからライセンスピット再インストール場所で。

Tags: 磁化試験

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 5