時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

解読:時計はどうしてすべて時計回りに回って?

 現在から人々は時間の認識と、肯定時間は無限に増大の物理量単位でカウントダウンが、日常の月、日、時、分、秒、週期性は鮮明で、円週目盛描いてこれらの週期量は確かに科学の選択。時間と時間との関係は完全に異なっている。時間は本質的な、タイミングは時間関係のさまざまな現象の説明です。有限な空間内で、1つの無限量、針の率の率は最も簡単で、直観的方式で。
人類最初の時間の基礎は、昼夜と四季の変化によって、ある程度から、この変化は原始人類の生存、時間は非常に神聖になり。別の古代文明の中で、カウントダウンでよくは原始宗教の形で現れて、多くの古代文明に存在している太陽信仰が現象を実際に人々の畏敬による時間、ただ誤解太陽は時間の支配者。長期の実踐の中で、人々は認識し始めて昼夜や四季と日月星辰繰り返すような位置に変化が現れて、それによって、太陽を視運動(つまり人目の太陽を観察して運行軌跡を基準のカウントダウン方式。日時計はその中の最も古い1種のタイマー、それから降りて神棚に大衆の生活の中で、カウントダウン学は宗教になった科学この科学発展を成し遂げました今、現代の鐘のビジネス。今のタイマと古代の時計とは全く違い、まだ原始的な時計の烙印―――目盛盤と針の針は「時計回り」運動指示時間。
にもかかわらず、最古のタイマーの出現の歴史考証されないことが、「時計」運動の時計の針は明らかに反映し、歴史の事実:それの最も早く現れる北半球で高い緯度の文明では、太陽の視運動は東から西へ、したがって、北半球日時計の投影はきっと「時計」運動の。このように、タイマーの発展過程で、この伝統の指示方式は代々伝わってきて、今までも。

Tags: 時計

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3

啓蒙思想家ヴォルテールのスピリットを伝承

 

「私が考えるに、ペンは剣よりも危険である」。ヴォルテールは常々こんな風に語っており、「ペンを取ることは、戦うことである」という言葉も、複数の書簡に残している。一見剣呑な考え方だが、思想家にとって自分の考えを記すことの気構えを示し、言論の自由というものの大切さを思わせる。ジャン・ジャック・ルソーとの激しい論争でも知られるヴォルテールだが、その自由な議論を称揚する精神を表現したのが、「1770 ヴォルティージュ プリュム・ノワール」である。

モデル名の“プリュム”(Plume)は、フランス語で「羽」だが、ヴォルテールが生きた時代には羽そのものが筆記具である「羽ペン」となった。“ノワール”(Noire)は「黒」であり、インクの色を象徴する。この時計のオールブラックなカラーリングは、「剣よりも危険なペン」をシンボライズしているのである。

Tags: 時計

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 3