時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

エニカ"美館」で華やかに登場する2013バーゼル

 スイスエニカ誕生から約百年、ずっと「革新的な理念·達成夢。」企業のモットーに、長年にわたって品質とデザインの優良な腕時計を製作し、各方面から支持を得ている。エニカを通しこの座華麗なホールのブランド「時空を超えて今年のテーマを表現・見せてすばらしい人生。」の精神、ブランドは百年の歳月を超えて、共に互いに成果を分かち合い、あなたが作って素晴らしい人生を作った。
「エニカ・美しい館」でホール主体高貴バラの赤い配黒を基調に型格パビリオンに加え、ファッション型格;特別燈の効果を、醸し出す個性の強い味わい空間、特に高校二年の層のパビリオンまるで皇者のように勢いよくは会場で、目立つまばゆくて、忘れられない人と、深く体得エニカ時計界は百年の地位。すぐに展示ホールされ道通に二階の高い光体カスケードに惹かれて、後のように足を踏み入れ2011に身を置く時間のトンネルに入って、夢まぼろしの空間の中で。庁内の応接室においてあって配は精緻な家具、加えて明るい光が現れ、欧米流行の簡明な風格、まるで美しいサロン、賓客気楽にのびのびを楽しむエニカ各シリーズ、優秀な工芸品は腕時計。
エニカ昨年発売し注目典雅息の「皇者331シリーズ」や叡智高貴な「女神128シリーズ」に年度重点活。2013新品は精彩、ブランドは今年発売の革命的創意シリーズ、頂上を伝統的な概念を含む栄光腕時計、太陽の力の「ハイポ立昂337シリーズ”、味わいがある気質の「卓尔338シリーズ」、きらめく繊巧の「星の花339シリーズ」とし「永遠の誓いの恋愛詩編351シリーズ」。エニカ一項ごとに腕時計を保っている細緻スタイルや精艺手作りを作って、街が上品で精巧な機械式時計、腕時計は人ごとも活発に注いで、紳士、淑女必携のアクセサリー。