時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

どのように自分で勉強して調節して時計の鎖

 時々、私達はオンラインで購入鋼ベルト腕時計の時は、よくわからない取り外し何節の時計の鎖に悩んで、わけにもいかない顧客サービス人員截が短すぎて、赤ちゃんの時に発見して、あまりに長くてまたしか持って時計店へ行って調節一来多面倒そう。今日、あなたはどのように自分で編集して調節して時計の鎖が減って、時計の鎖長すぎるか、あるいは短すぎの苦悩。
時計の鎖ステップ調節:
第一解体時計の鎖には、まず調査表を通じて器は、時計の鎖から取り出しボタン釘。ゆっくりと回転する時計を通して、時計「釘」の時計「釘」を出して。最後にインストール時にリバースして「釘打ち」をします。その中の最もよくあるのは時計の鎖とケースをネジ配合。この配合の時計の鎖形六凹吸って、十のあり方及び14側の、図4―1に示す。バンドを開いた時、形に合った専用時計を使うことができます。バンドを入れて「下ろす表槽の中」は、調査表器にボタン釘インタフェースを突き出し完成時計の鎖の取り外し。
第二の時計の鎖と後からの接続を採用し、旧式の時計、小パンパン常用この構造。修理者は適当なツールを採用して、回転計器の頭から一番外に、「バンドの接続に釘を接続して」後にゆっくりと回転して、「釘」に「釘。最後にインストール時にリバースして「釘打ち」をします。もしも、ボタン釘と時計の鎖隙間メジャー方位に着手こじ開けから後は、最高の対称の方位に往復こじ開け、損傷後に。