時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

「小機能」に「小機能」を無視しやすい

 「小」機能の盛んで、1つの最も顕著なところは近年世界時あるいは本命区表の流行は、このような実用化機能の人は喜んで発見して、ブレゲの革新ショートカット調整、ヴァシュロン・コンスタンタンの古典の華麗な新しい風格、ブランパンカレンダー、長い動力に加えて半分のタイムゾーンの表示みんな、各ブランドの自慢の革新にも応用これらの新開発の世界時と長い間区表に、感じは実用のあまりにお金の経典の表の補充を明らかに衝動買い。実用化機能は、もともとあまり目立っていない拗ね、カレンダー表と、計時がますます普及する背景にあるとされる。
後者はとても面白い、一般に知られない表の構造が多くの人から見ると、ダブル針をカウントダウンが追いかけては増えた一本が分離運行の指針で飛んで帰ってもっとシンプルさせてカウントダウン指針の原点に戻る後運転継続が、表は飛んで帰って感じじゃない簡単になったし、ダブル追針よりだから複雑な機能、普通のクロノグラフムーブメントにを改造して、どれだけの工夫がない。実は、それらを見分ける小機能の難易度は工場の価格から勝負を測るほか、さらに類似製品からのかを実証して、技術の上で簡単にもちろん可能などの多い亜流。逆に、亜流すぎて、同類の製品は多くなって、人が技術的に新しい道を切り開くあるいは増大技術的に難しい。最も典型的な例は最も早くからアテネ考え出し「+」や「-」ボタンが本命区調整楽正確させ、伝統的な世界にブレゲ開発同様の便利な調整機能システム――小さいから明る目の技術革新、運用技術簡潔の効果を達成する復雑は、業界の進歩を促進するため。
ここで、探求する価値の問題は「小」機能の正確な定義に対し、もちろん万年暦、三問などの極端な復雑なムーブメントにとって、相対的に部品が少なく、機能を簡単にできるすべての革新小機能の列。また、いくつかの動力、天文台を含む長級精密クロノグラフ、500メートル以上の超防水時計、専門耐磁表及び跳秒(例えば電子クオーツ時計のように運行の機械表)などの中に「小機能」も起きない人々があまりにも大きい異議。でも、美学的なデザインと革新、透視、新材料のケースなど、小機能に属しているのでしょうか?前者はもっともっと美しくて視覚効果を達成するためには元の機械構造を変えて、後者はハイテクから手の装飾の更に組み立てなど多くの方面の支持が必要です。さらに、現代の条件の下の各種は機械に取って代わることができないで、彫刻などの手仕事、広義に「小機能」に属することができるようになるようにします。

Tags: ブレゲの革新

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 4