時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

古天楽、高くて円ロマンチックな出会い飞亚达時間の旅

 あなたを連れてさせて飞亚达場を、このすれ違いの縁。始まりは、一つの秘密は大自然の旧式の駅、静謐な無人で、鳥がさえずり花が香る。古天楽旅装を持って、浴衣へ行くよう1つのとても遠い地方。入構列車の警笛音が、現実に引き戻さ、列車がゆっくりと駅に向かう。
襲っ髪型の高くて円窓際に座っての位置、真剣にめくって手の地図の計画を次の旅、ひたむきな姿はとても人を魅惑する。手から滑り落ち箍洒落数本の髪、バックハンドストローク確かに準時間、腕の間にきらめく1枚ウォール腕時計はひときわ優雅さ。この幕ちょうど待って列車の古天楽目にして、ただこの一瞬を丸く、引きつけられて、彼女に戸惑う。
美しい時間はいつも短く、また美しい画面も静止と保存できない。がらがらと音の音が静寂を破って、列車は次の駅へ向かった。すべてまた復帰静謐で、古天楽一人だけ殘して眺めている佳人遠ざかる方向。ひたむきな瞳と淡い神伤と期待。
時間が凝縮し、愛をこの止まない時間に。時間容器は愛の願いを載荷、この冥冥中の2人が再び出会いたいと思っている。ひっそりと咲く汗は丸い間の飞亚达腕時計に糸を知って媒酌人、今生のすれ違いにならない瞬間永久不変になる。

ファッションの時計は比純正、彼より純正の機械表が好きです

 25歳、広告のアイデア、活発な活動の性格、音楽、映画と自分で萌えの男性用紙を売ることが好きです。腕時計は彼が必要な単一品です、ファッション表よりも、彼は純粋な機械時計が好きです。彼はあなたに何を持って経験して経験して経験することができますか?
Kevin.S2013.08.22
分かち合う
彭欢
25歳、広告のアイデア、活発な活動の性格、音楽、映画と自分で萌えの男性用紙を売ることが好きです。腕時計は彼が必要な単一品です、ファッション表よりも、彼は純粋な機械時計が好きです。
予算:1~2万元
求めて、多くの場合に適して。

名のビジネスの影響力を司る軍人昔本当に有難ロレックス

 2010年は本当に利時総裁の-フレデリック・杜ポジュカイ(Jean-Fr E d E ric Dufour)に選ばれ、2010年度の人物。杜ポジュカイさんは09年からろく月に本当に力に総裁職務を徐々に利に作るの王者地位無でのブランド。その前に、杜ポジュカイ氏は正式任命されて正式任命され、業界は、英雄は、英雄は誰もが瀋、次のロレックスのシリーズ動作、期待しています。
ロレックス第6代当主、スマート、元気。
三年前、杜ポジュカイは本当に力を担当するCEO、彼のする第1件の事は本当に力の時の核心の価値を「勇気」と定義した」。ご存知のように、スイスは国民皆兵の国家、人民の軍事素養が極めて高く、杜ポジュカイ若い頃は陸軍を務めた戦車パイロット。軍隊生活に加えて、彼はかつてに通うジュネーヴ大学商業及び工業科学科卒業後、複数タブ会社から生産、マーケティングの管理の仕事を始めてから、底の杜ポジュカイで時計方面の認知は深い、この3年間本当に利時の発展は誰もが認めるところで、復興ブランドの難易度にCEOに劣らないを開くブランド、杜ポジュカイさん彼はやり遂げました。
本当に力の時にこの3年の間に、杜ポジュカイ簡略化会社の既存シリーズだけを殘してElite、AcademyとEl Primeroなどの特徴のある代表的な製品は、かつてこの家に登った企業はブランド力の面で雉のめんどりゃ女鳥。その一歩譲って、会社は堅固なアフターサービスがあり、確固たるブランド価値をもって。これらの改革をする前に杜ポジュカイは勉強になったということだ。時には本当に力は150年以上の時計の製造経験の企業は、百年以上前、その源に――スイス西部纳沙泰尔州(Neuchtel)の小城力ロク(Le Locle)、一度じゅう地元の人に一人は本当に力の時のタブ職人。杜ポジュカイは1シリーズの研究を経て、継続ブランド優良伝統と同時に、新しい改革と普及を行った。

Ear Cuff」夾式イヤリングはあなたが型破り、元気が精巧な個性ジュエリーあなたを試してみたいか

 あまり小さく打っ足りない搶眼、ペンダントイヤリングも悪いと髪型や顔に似合う……もしあなたが直面しているアクセサリーの箱、自分でこのような苦悩があるなら、チェックしてみては別の1種のことを耳にするジュエリー「Ear Cuff」だろう!まだ覚えている今年きゅう、く月に行われた羅达特(Rodarte)2013春夏女装秀?中世の間にショーに登場する「Earアンティーク風Cuff」クリップ式のイヤリングは最も注目の見所のひとつ、混じ耳に、フィット耳骨輪郭の竜の形のアクセサリーは、ほんとに覇気満々!
実は、「Ear Cuff」クリップ式のイヤリングわけじゃないからこの季節が流行し、これまで高缇耶(JeanさんPaul Gaultier)とシャネル(のChanel)の間にショーにそれが出てくる。似てないけれどペンダントイヤリング、打ってそんな普遍的なのが、「ない物ねだり」はちょうど個性を追求のファッション精たちとの可能性を提供しました。半双着用は、ツイン装着、金属の質感や造形簡潔な「Ear Cuff」、好き、ロックボム中性風の女の子にとってはまったく適当で、更にやさしいたいなら、華麗な点、水晶など宝石を散りばめた「Ear Cuff」もなくあなたをがっかりさせる。もしあなたのアクセサリーの箱の中にはまだ1匹のあるいは「Ear Cuff」、続いてそれになるあなたの対象にしてみたいですか?