時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

「オメガハウス」にて、イベント『スイミング レジェンド』を開催

  連日盛り上がりを見せるオリンピック リオデジャネイロ大会の熱気もそのままに、「オメガハウス」では、8月15日(⽉)の夜、イベント『スイミング レジェンド』が開催された。プールでの健闘の余韻が冷めやらぬうちに、マイケル・フェルプスとチャド・レクロー、さらに、もう⼀⼈のオメガブランドアンバサダー、歴史に名を刻んだ短距離⾃由形の名選⼿アレクサンドル・ポポフも加えたスペシャルゲストが登場。フェルプスとレクローはともに、オリンピック リオデジャネイロ⼤会において、メダルを獲得したのは記憶に新しい。フェルプスは今⼤会で5つの⾦メダルと1つの銀メダルを獲得し、⽣涯獲得メダル28 個、その中で⾦メダルは23 個という驚異的なメダル獲得数を誇る。フェルプスはゲストに対して「最⾼の形で引退する事ができます。これが最後のオリンピックなのだと、つくづく感じています。今回のリオのレースがキャリアの最終レースだ、そんな事を考えていたら、感傷的になりました」と、リオでの体験を語った。フェルプスの競技を会場で⾒守っていた彼の妻ニコールと息⼦のブーマーも、共にオメガハウスに姿を⾒せ、フェルプスは笑顔を浮かべながら、⽗親になった事が彼の競泳⼈⽣に与えた影響について「⽗親になれたことは何よりも最⾼のことです。今回のオリンピック リオデジャネイロ⼤会にはアメリカ代表チームのキャプテンとして参加しましたが、⽗親のように他の選⼿に接する機会が多かったように思います」と振り返った。

「スイス製」標準がアップグレードする可能性がある

 一番早い「スイス製」の標準にさかのぼる1971年に打ち出し、1972年発効の関連法規、当時の規定は比較的ゆったりし、時計悪賢い心の出所を規定した問題で、ケース、文字盤と針は外国で生産許可。もし一枚の腕時計の悪賢い心の50%はスイス生産は「スイス製」の時計。スイスタブ業の発展につれて、この法規にも、ますます問われて:消費者の購買の1枚の時計だけでなく、時計悪賢い心。
その後、1992年に発表した、さらに詳しく厳格な基準は、その基準を拡大スイス悪賢い心、スイス表の箱、スイスバンド、スイスクォーツ、スイスオリジナルとスイス製造などのマーク使用の具体的条件。このアイテム「悪賢い心の中の規定スイス原本価格少なくとも全体原本価格の50%以上」、「悪賢い心才能にスイス悪賢い心」のラベル。
「スイス産」と表示しなければならない以下の条件を満たす、侧は外見使用「Swiss made」、つまり:悪賢い心をスイス産;組み立て完成でスイス。生産者の最終検査でスイス完成。
2007年ろく月、スイス時計協会一同をもっと厳しく大会は「スイス製」の新しい使用基準案の採決が行われたが、結果は:将来時計と呼ばれるかどうかスイス製」に一定の条件を満足しなければならない、この標準、主に関係スイス時計、その悪賢い心:腕時計では、機械式時計少なくとも80%の製造価値はスイス完成、電子時計は少なくとも60%でスイス完成。素材、宝石、電池は生産コストに含まれていない。また、その基準はスイス部品やスイス組立を作り出したの新規定標準要求、スイス時計の技術やサンプルのデザインもスイス本土をすべきだ。
この新しいルールがまだ得スイス連邦政府の承認、スイスメディアは、新しいルールはおよそはち年の期間が正式に実行するので、時計メーカー必要が1つの過渡期のため、国内の部品供給が十分ある。

技師の指先はバレエは高級腕時計のバンドを作ります

 時計のバンドはすでに簡単な時計がなくて、時計のメーカーは革の製造業の標準にこの細かい要求を求めて。彼らは1匹のパックの心血を使ってあなたの腕の上のバンドを作ります。
表の誕生であることは、決して高精密機械過程ではありません。現代、人々はファッション、デザインなど様々な要素と調和して演繹する逸品。時計のバンドはすでに簡単な時計がなくて、時計のメーカーは革の製造業の標準にこの細かい要求を求めて。彼らは1匹のパックの心血を使ってあなたの腕の上のバンドを作ります。
機械とファッションの完璧な融合を融合させた時計がこの時代のニーズに合わせ、また、グローバル顧客が増加の個性的な要求に対して、カスタマイズ需要が絶えず。腕時計バンドの生産過程は、まるで職人の手を通して、情熱を織り出す美しいバレエ、生命の革を持って過程を作ります。時計業界では、この過程を知らない人は少ない。これは、エキサイティングなバレエ舞踊のようです。序曲、革に収蔵されて、一定で密閉の湿度の恒温倉庫の中で、これらの革鞄と制作の皮のように、決して製造革の切れ端。在庫には各種材質:山ムートン、小牛皮、水牛、駝鳥、短いキス、ワニ皮など。今、私たちはあなたのために1匹の精巧な腕時計のバンドのバレエの序幕を開いて。
ほら、この出賞を喜ば目的バレエパフォーマンスこそ、バンドの誕生の経緯。精巧で、全手の、繰り返しの仕事。払っても1匹のかばんは少ない、値段はマーフィーはもちろん。鍵、手にはあなたのあの高複雑な、精巧な機械の物件は似合う、というのは、あなたは確かに持ってきた快適さと尊さを感じさせます。

とびきりの神の本当の原子時計Cesium 133

 この腕時計の理念は、多くの人は、多くの人が、私は、この表も、丈治は、頭、外国語の専門、難しい理解できないことがあります。幸いにいくつかの国内の情報がクラスのWebサイトにもそれを表が解説して、海外のいくつかの情報を結合しているから、それに対して深く理解した後、私は感じるもっとこの腕時計は確かにそれの世間をあっと言わせるところ。しかし私は、それは私個人的な好きではありません、これからもっときれいにすることができます。
原子時計の概念ではBaiduの百科事典で紹介した:原子時計は1種のセシウム原子製の地震に耐えられる。石英とはまったく違う別の1種の物質。この物質は減衰のない、だから長時間の運営を維持することができる。これも、この物質で作った時計は精度が高く、しかも使う時間も長い。このセシウム元素の揺るがしは時間に何の影響を与えることはできない。この原子時計は正確な時間を表示することができることに、インストール方法は非常に簡単で、ユーザーはこのセシウム原子を時計の中に入れなければならない。