時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

自動巻きモデルで世界最薄、ケース厚5.25mmを実現

 1960年に開発され、今もなお現役で活躍する超薄型自動巻きムーブメント「キャリバー120P」。そのあとを継ぐべく、完全新設計の超薄型自動巻きムーブメント「キャリバー1208P」を搭載するメンズの新型ドレスウォッチが登場した。22K素材のマイクロローターを使った巻き上げ機構を搭載したスモールセコンド付きムーブメントの厚さは、12Pよりもわずかに0.5mm厚い2.35mm。これは耐久性を重視した結果であり、ケース込みでは現在、市販されているモデルで世界でもっとも薄い5.25mmを達成している。アルティプラノならではの、薄型ながら3層構造の文字盤による立体的な顔、いつまでも飽きのこないシンプルなデザインも好ましい。なお、同時に発表されたおなじ基本仕様をもつ、スモールセコンド付きではなく2針のアニバーサリーモデルに搭載された「キャリバー1200P」は、マイクロローターにプラチナ素材を使っている。