時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

日本のロレックスは誰もが愛する赤い12の時計を発表した

 セイコーは日表三傑の一员として、まるでカシオメイン電子クオーツ時計、シチズンメイン光エネルギー時計セイコーも自分の秘訣を機械表。最初の発起人としての石英の嵐が、それを放棄しない機械時計の開発は、すべて一年の巴展にも自分の機械式時計セイコーで一面の天地を、多くの人はそれは東から、日本からのロレックス、私から見ればこれは高い称賛した!
赤じゅうには往々に代表思い出の一つ、1913年セイコーの第一の時計と命名されLaurel、当時それは赤じゅうにのデザインを採用した。その時の腕時計の産業の中で、スイス表は無揺るぎない地位、日係表は見なされ安い安物は、購入価格の高い無力スイス時計の候補。石英嵐までを席巻した狂った世界、すべてスイスブランドの経営策略、日係の時計にやっと寝返りを打って主人をして、20世紀70年代の時計世界は日係腕時計の天下。この赤12はセイコーセイコーに時計の製造業の方面で突き固める基礎を打った。
だからセイコー2013年の頃にはすでに発売されたことは一度じゅうに自動的に赤の腕時計、当時も限定版ひゃく週年を記念しては1500枚限定、限定数小編は評価しない(すでにたくさん大神レベルに出した限定時計人物が、私非常に認めて)。じゅうさん年での価格は3000枚時計は人民元、比較的親民、かつて私に会ったことが大きい中国広大なユーザーに表。