時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

ラング月相腕時計証人ザクセン月研究の注目の成果

 天文学者兼測量師ウィリアム・戈特黑尔夫・罗尔曼(WilhelmGotthelf Lohrmann)ドレスデン係統の月の観察方法を採用し、1824年ここで発表した彼の首の地図の名は「月の見える表面の地形図」。三年後、罗尔曼に任命された「数学物理サロン」(MathematicsandPhysics Salon)チーフオンブズマンの後は、新しく設立された技術学院(TechnicalAcademy)が務める主管、彼も费尔迪南多・アドルフ・ラングの先生の一つ。罗尔曼一生共で描かれた25枚の月の地図、時間が38年方全て発表済み。この地図は長年、世界で最も緻密な月画像とされている。
月に衛星や有人宇宙船を通して観察や上陸する前、研究員と科学者は地球を観察。それでも彼らは月を直接直接探査できるようにしてほしい。ウィーン帝国ロイヤル天文台(ImperialRoyal Observatory)監督のジョセフ・ジョン・フォン・利特羅(ジョセフ・チェンJ . von Littrow)1834年著『ザwondersoftheheavens》という本の中に表現して月面着陸の渇望だが、彼も知ってこの探検の困難:
「もし私たちはチャンスに遊びに着陸し、細い加観察が月を深く理解されます;しかし私たちの知識を実現することができない限り、現在の月の旅。私たちは少なくとも未来に期待して、人は成功して、月に上陸することができることを望みます。地球と月の距離を知っていて、地球と月の距離が一番近いということは、地球や月の距離は、遠い。てくれる人がいる限り、無比耐性と根気を目標に奮闘して、さもなくば私たちは静かに座るの家の中にしましょう。」
ひゃく数年後、彼のビジョンを実現:1969年ななしち月にじゅう日人類初の月面を踏み、その後数年十人の宇宙飛行士も続々と月面着陸。彼らの探検の旅は鉱物のサンプルを持ち帰って、科学者に月は隕石の出所を確認することを確認することを確認して、科学者は鉱物の出所を確認することができて。世界最大の月の隕石は1998年にリビアで発見、約1500グラム。この粒隕石の中一かけらで重さは約45グラム、はザクセンフライベリの「土地の鉱物」(terramineralia)シリーズを展示。