時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

スローな動きのダブルレトログラード機構で優雅に時を表示

 

1927年に創作されたダブルレトログラード機構で時を表示する懐中時計をヒントに、そして20世紀初頭に活躍し日本のバレエ界の恩人でもある伝説のロシア人バレリーナ、アンナ・パブロワの「私は、バレリーナになって、生涯、蝶のように軽やかに踊りつづけることを夢見ていた……」という言葉に触発されて開発されたコンプリケーションモデル。ケース8時位置のボタンを押すと、浮き彫り彫刻とダイヤモンド、そしてシャンルベエナメルでできたバレリーナがまとう、透かし細工の左右のヴェールのうち、まず時を示す左側のヴェールが上昇し、つづいて分を示す右側のヴェールも上昇。約4秒間、時間が読めるように停止した後、再び元の位置に戻る。なお、ムーブメントはヴァン クリーフ&アーペルのために開発されたものだ。

Tags: スローな動き

发布: adminxsxs 分类: 情報取りまとめ 评论: 0 浏览: 4