時計のニュースが集まって 松本良幸Blog

クラシックなフォルムの名品がモダンな雰囲気に

 

アールデコへのオマージュを捧げ、ジラール・ペルゴが1995年に復刻した「ヴィンテージ1945」。クラシックかつ洗練された魅力を感じさせるレクタンギュラーケースは、男性の力強さを表すとともに、優美さを兼ねそなえた逸品だ。昨年、シリーズのなかでもダイナミックな印象のXXLケースに、月の満ち欠けを表示するムーンフェイズ、そして、クロノグラフを搭載した、ふたつのモデルが誕生。さらに今年は昨年のホワイトダイヤルに加え、チャコールグレーダイヤルがお目見えした。

デザインは、「ヴィンテージ1945」の象徴ともいうべき人間工学を取り入れ対称の美しさが際立つ美しいスティール製のケースにチャコールグレーの丸いダイヤル、グロスフィニッシュとサテンフィニッシュを交互にほどこしたクロス部分が組み合わされ、モダンで柔らかな雰囲気に。